【カートを見る】

お支払い前にカートの中身を確認できます。下の「カートを見る」をクリックしてください。

カートを見る

 


【初めての方へ】

サービスのご利用を検討なさっている方に、30分無料相談!

 

どのサポートを利用したらいいのかわからないという方は、お問い合わせフォームから、お知らせください。ご事情に合わせた、おススメサポートをご提案させていただきます。(LINE、またはスカイプ)

 

お問い合わせ内容で「無料相談」をお選びください。

 

お問い合わせフォームは、こちら。

【読んで学ぶ教材】看護過程ができる 実習記録の書き方

 

看護過程ができる 実習記録の書き方ガイド

 

ユアナーシングのローザン由香里です。

 

 

看護過程を展開する実習で、実習記録の書き方がわからず、睡眠時間がどんどんけずられて、ツラい実習を送っている学生さんへ。


ゴードンで看護過程を展開する実習記録の書き方について、学生さんの「そこが知りたかった!」を詰め込んだ、【看護過程が展開できる 実習記録の書き方ガイド】販売のご案内です。



「とにかく考える」だけでは、実習記録は書けません。

 

 

看護実習では、「自分で考える」という場面が多くあります。

 

 

これから、看護師として活躍するために、「自分で考える、自分で判断する」ということは、とても重要です。

 

 

ただ、「書き方を知らない」ことが理由で書けない実習記録を、目の前にして、「考える」ということをしても、実習記録は書けません。

 


書き方を知らないために、実習記録が書けないのであれば、書けるようになるための解決策は、ただひとつ。

実習記録の書き方を知ること、です。

 

 

 


実習記録の書き方ガイドは、看護過程、実習記録の書き方の、参考書テキストです。

 


看護過程を展開する実習で扱う代表的な実習記録について、その記録には、何を書くのか、それを書くためには何が必要なのか、具体例をあげて、解説しています。

 


できあがりのアセスメントや、看護計画を、「お手本」として載せているのではなく、結果として、お手本のようなできあがりにするためには、何をどうしたらいいのか、具体的な方法をお伝えしています。

 


実習記録の書き方ガイドを使っていただくことで、どの記録用紙に、何を書けばよいのかわからず悩む、という時間が減ります。



しかも、何を書けばよいのかわかるだけでなく、それを書くために、何をすればよいのかまで、示しているため、行動も起こしやすくなります。



教えてもらえれば、カンタンに解決することを、
「自分でなんとかしないといけない」という思い込みを打ち消して、
ムダに悩む時間も、実習記録への苦痛も、減らしてみませんか?

>>お申し込みはこちらから。

 

 

【ご利用者さまの声】

何回先生に質問しても、実習記録の書き方やポイントが,、まったく理解できませんでした。

大まかな流れがつかめても「で、結局何をしたらいいの???」と悶々と悩み続けていました。

まだ一読しかしていませんが、全てが「あ~、なるほど!!!!」の連続。学校の課題での、実習記録作成も視点がガラッと変わり、クラスで一番最初にOK!をいただけました。

まだまだ勉強しなければならないことは山積みですが、もっともっと書き方ガイドを読み込んで、実習に取り組みたいと思います。

 

正直、授業を受けるより分かりやすく、実習記録に必要な情報収集の仕方や視点がハッキリとし、霧が晴れていくように理解が進みました(笑) 

何事にもルールやベースがあって、それを受け持ち患者さんに合わせて応用し、実施していけばいいのだということが、とても良く分かりました。

 

情報を振り分ける際に、どこでなにをアセスメントするのか、どこからどこまで、どのようにアセスメントするのかが曖昧で、時間がかかって、アセスメントができていないことばかりでした。

アセスメントの視点や方法がわかったことで、情報の振り分けやアセスメントが、書き方ガイドを購入する前より早くなったと思います。

2クール目より3クール目の方が、確実に寝る時間はたくさんありました!!

 

書き方がわからない、十分な知識もないのに、(私にとっては)高度なアセスメント、看護計画を求められました。

でも、うまくできず、いつも実習不合格や、留年のことが不安でした。今では、ポイントを押さえて情報収集ができるようになり、実習が始まった頃よりは記録の直しが減りました。

 

紙上患者の事例展開していても、参考書を丸写し状態で提出した課題に、なんのコメントもなく、助言もなく、説明もないまま、看護過程の授業は終了しました。

友達と「アセスメントってなに?」を話あっても答えがでないままでした。

書き方ガイドを読んで「アセスメントってこういうことを言うんだ!」ということが、明確になりました。

そして、やみくもに情報をとる、それアセスメントするのではなく、必要な情報をとり、それをアセスメントすることで、看護計画ができる最短の道を知ることができました。

 

>>ご感想の続きはこちらから。



【実習記録の書き方ガイドの特徴】
■意図的な情報収集ができるようにな
■効率よく、情報を集めることができるようになる
■必要な情報を集められるようになる
■使えない情報がわかるようになる
■情報に埋もれることがなくなる
■とった情報をながめて、どうアセスメントしてよいのかわからず、
途方に暮れることがなくなる
■アセスメントの結論が見える
■アセスメントができる
■アセスメントの書き方がわかる
■患者さんにあった看護問題をあげられる
■看護問題を文章化できる
■評価できる看護目標をたてられる
■患者さんにあった看護目標をたてられる
■患者さんにあった看護計画をたてられる
(観察項目がうかぶ、ケアの内容がうかぶ、指導内容がうかぶ など)
■看護計画に個別性を出すことができるようになる
■意図的なケアをおこなうことができるようになる
■ケア中の観察ができるようになる
■ケア実施後の記録が、情報の羅列にならない
■評価の内容が、自分の技術の振り返りにならない
■アセスメントとプランを、きっちり分けられるようになる
■次回のプランが浮かぶようになる 
■理由もわからず、何度も書き直しをすることがなくなる
■アドバイスの内容・意味を理解できるようになる
など

※実習記録の書き方ガイドは、PDFファイルです。
(ダウンロードをして、コンピューター上で閲覧いただけます)
※ご希望者には、冊子版もご用意できます。
(冊子版は、PDF版ご購入のオプション商品です)

>>お申し込みはこちらから。

 

【こんな方におススメ】

学びたい方
・実習記録の書き方がわからない
・実習記録の書き方を教えてもらう機会が少ない
・実習記録の書き方について、誰に聞けばいいのかわからない
・実習記録の書き方について、自分で勉強したい
・実習記録の書き方について、やさしい言葉で解説してほしい
・看護過程の参考書の解説に、「なぜそうなるのか知りたい」といつも思う
など

教えたい方
・看護過程について、わかりやすく教えたい
・看護過程と実習記録の関係を復習したい
・実習記録の書き方、およびポイントを再確認したい
・看護過程の教え方を学びたい
・学生さんがつまづきやすいポイントを知りたい
など


【よくあるお問い合わせ】

Q:ダウンロードとは、どういう意味ですか?
実習記録の書き方ガイド(以下、ガイドとします)は、PDFというファイルでつくられています。PDFというファイルにすることで、コンピューター上で閲覧できるようになります。
 
ガイドが保管されている場所(インターネット上)から、お客様のコンピューターファイルやプログラムなどを送ることを、ダウンロードといいます。(ガイドの場合は、PDFを送ることをさします)

 


Q:ダウンロード版と冊子版は、同じ内容ですか?
はい。同じ内容です。
 


Q:冊子版のメリットはなんですか?
ダウンロード版が、コンピューター上で閲覧できることに対して、冊子版は、お手元でご覧いただくことができます。
 
冊子版の場合は、書き方ガイドをご覧いただくために、パソコンを立ち上げたり、スクロールして、読みたい箇所を探す手間がいりません。また、携帯できたり、書き込みができるという利点もあります。
 


Q:冊子版の大きさを教えてください。
A4サイズです
 


Q:実習記録の書き方ガイドやサブテキストを、自分で印刷することは可能ですか?
はい。ご購入された方が、ご自身の学習のために印刷されることは、可能です。
ご自身の学習以外の目的の、印刷はご遠慮ください。


 
Q:ダウンロード版は、携帯で見ることはできますか?
携帯の種類、必要なアプリなどにもよるようです。PDFファイルを閲覧できる機種かどうかをご確認ください。ただし、文字が小さくなること、ページ数が多いことなどから、パソコンでご覧になられることを、おススメします。
  


Q:携帯から、申し込むことができますか?
基本的には、携帯からのお申し込みも、可能です。
ただし、携帯の機種によっては、お申込みできない場合もあります。ご了承ください。
 


Q:書き方ガイドは、ヘンダーソン理論の実習記録にも使えますか?
看護過程の展開の、基本的な考え方については、どの看護理論にも通じる解説です。ただし、情報整理のしかた、アセスメントの進め方など、記録の書き方については、解説の内容が「そのまま」あてはまらない部分もあります。

 
ご購入者の方の中には、相談しながら、ご自身でアレンジして、使っている方もいらっしゃいます。
 


Q:書き方ガイドを読めば、看護過程が展開できるようになりますか?
いいえ。読んでわかるだけでは、看護過程の展開はできるようには、なりません。
 
書き方ガイドのなかに解説していることを、実践すること、
さらに、その実践を繰り返すことが重要です。
 
「できるようになるために」わからない点、自信がない点については、
個別サポートを合わせてご利用いただくと、効果的です。


>>お申し込みはこちらから。


学生さんから
「記録のための実習ではなく、患者さんのための実習をしたいです」
というメッセージを、たくさんいただきます。
 


患者さんへの看護を学ぶ実習であるはずなのに、書いていることも、調べていることも、
実際の看護(実習)には、役に立たないのだとしたら、本末転倒です。

 


「看護過程を展開する」ということは、患者さんに必要なケアを提供する、ということです。

 


看護過程をただしく展開できるようになれば、記録と実践が別物になることは、あり得ません。
 


記録していることも、そのために考えたり、調べたりしていることも、実際の患者さんへの行為も、すべて「患者さんに必要なケア」につながります。
 


自分の判断したことが、患者さんにあてはまっていたり、自分の考えたケアによって、成果をみることができたとしたら、それほどうれしいことはありません。
 


その経験は、かならず自信になります。

 

実習は、ラクではありません。
だからといって、苦しいことばかりを、経験しなければいけないわけではないと思うのです。
 


あなたには、看護の魅力を感じる、実習をしてほしいと、心から願っています。
 

 


【実習記録の書き方ガイド 本編とサブテキスト】

第1章:看護過程について
・看護過程を展開するカギ・
看護過程を展開するうえで大事なことは2つ
・情報収集のために準備するもの
・効率よく情報収集をするコツ
・情報収集する順序
・看護問題につながる情報をあつめるコツ
・看護問題につながる情報をあつめる方法
・重要な情報に気づくために大事なことはコレ
・アセスメントの中身・アセスメントの定型文
・看護のアセスメントにするために
・関連図をかくコツ
・関連図をよみとるヒント
・気軽に看護問題をあげる
・優先順位のつけ方
・看護計画をたてる前にすること
・看護計画をたてるときに最初にすること
・看護目標のたて方の基本
・看護目標をたてるコツ
・看護計画には個別性を出そうとしない
・個別性の見つけ方
・個別性を出す練習・評価とは
・SOAPを書くときのルール
・SOAPのSに書くこと
・SOAPのOに書くこと
・SOAPのAに書くこと
・SOAPのPに書くこと
・SOAPを書くまえにすること


第2章:事例展開


実際に事例を展開しながら、第1章で学んだ、基礎知識の「使い方」について、解説しています。

・事例展開:情報整理
・事例展開:アセスメント
・事例展開:統合のアセスメント
・事例展開:問題の明確化(診断)
・事例展開:看護計画の立案
・事例展開:実施・評価


第3章:事前学習

・事前学習をはじめるまえに
・受持ち患者さんが決まる前にできる事前学習1:バイタルサイン
(1) バイタルサインについて学習すること
(2) バイタルサインの事前学習のつかい方
(3) アセスメントを含めた報告のしかた

・受持ち患者さんが決まる前にできる事前学習2:発達課題
(1) 発達課題について学習すること
(2) 発達課題の事前学習のつかい方

・受持ち患者さんが決まる前にできる事前学習3:血液検査

(1) 血液検査について学習すること
(2)血液検査の事前学習のつかい方

・受持ち患者さんが決まったらやるべき事前学習:疾患
(1)疾患について学習すること
(2)疾患の事前学習のつかい方

※事前学習の内容は覚える必要はありません


サブテキスト1:アセスメントガイド(アセスメントの視点とその解説)
サブテキスト2:アセスメントにつかえる看護学生のための検査値ガイド
サブテキスト3:コミュニケ―ションが苦手でも大丈夫。初心者向けの、情報収集のコツ
サブテキスト4:カルテからの情報収集のコツ
サブテキスト5:ネタに困らない毎日の行動目標のたて方




【テキストの概要】■教材スタイル  参考書テキスト(PDFファイル、オプション:冊子版)
■教材に含まれるもの  
* 看護過程ができる 実習記録の書き方ガイド本編

* サブテキスト5種
■料金  9800円(税込)

*冊子版をお申し込みの場合、、プラス2600円(配送料込)
*冊子版は、ご入金、ご決済確認後、7日間ほど頂戴いたします。

■お支払方法 銀行振り込み、クレジットカード
■お申込み 以下の専用フォームからお手続きください。

1.下の「お申し込み」ボタンをクリックしてください。
2.お申し込みページに移動します。
3.お申し込みページに、必要事項をご記入ください。

*ご登録メールアドレスは、必ずinfo@yournursing.jp からのメールを受信できるものをご記入ください。

教材

 


ご注意(かならず、よくお読みください)
・本商品は、ダウンロード商品です。オプションで、冊子版をお申込み頂けます。(冊子版のみのお取り扱いはございません)
・商品の特性上、お買い上げ後の返品は、お受けしておりません。
・ご入金を確認させて頂き次第、メールにて商品のご案内を差し上げます。
・お申込み後、ご連絡のないまま、無断キャンセルされた場合、今後のお申し込みはお断りさせて頂きます。ご了承ください。
・お申し込みお手続き後、24時間以内にお返事させていただいておりますが、返信がない場合は、お手数ですが、お問い合わせくださいませ。

※お問い合わせは、こちらから。

 

 ※お申込みお手続き完了後、まもなく自動返信メールをお送りします。info@yournursing.jp からのメールを受信できるよう、ご準備いただきますよう、よろしくお願いいたします。